クロアチアハートフルセンター

現地での生活情報

通貨

クロアチア通貨はクロアチア・クーナ(Croatian Kuna (以下Kn))と補助通貨リーパ(Lipa)。1Kn=100Lipa。 紙幣は1000Kn、500Kn、200Kn、100Kn、50Kn、20Kn、10Kn、5Kn。硬貨は25Kn、5Kn、2Kn、1Kn、50Lipa、20Lipa、10Lipa、5Lipa、2Lipa。2015年6月現在、1Kn=約18.4円

両替

クーナ(Kn)への両替は、空港、銀行、郵便局、両替所、ホテルなどでできる。レートは市内の両替所が比較的安い。観光地はユーロ(€)が使える場合がある。 ATMも多数あるため、キャッシングも可能。現地で円からの両替が可能。ATMも24時間使えるところが多く、街中にも沢山ある。

チップ

チップの習慣はある。 【レストラン】レストランでサービスに満足したときには、料金の5~10%程度が一般的。サービス料が加算されている場合は不要。  【ホテル】ルームサービス、ポーターに荷物を運んでもらった場合、10~20Kn程度。  【タクシー】基本は必要ない。

税金

25%の付加価値税がかかっている。一度に740Kn以上の買い物をした場合、一部が還付される。(還付されない場合もあるので注意)

物価

日本より安い。 【スーパー】飲用水(500ml) 5Kn、ビール 7Kn  【カフェ】コーヒー 8Kn  【トラム・バス】1区間12Kn  【タクシー初乗り】15Kn程度

電圧とプラグ

電圧は220V、周波数は50Hz.日本の電化製品は使えないので、変圧器または変圧器内臓の製品が必要。携帯、デジタルカメラの充電やパソコンはそのまま使える場合が多いので、事前に説明書の確認を。 プラグは丸い2本ピンのCタイプが主流。

飲料水

水道水は飲めるが、石灰分が多く含まれるためお腹が弱い人は注意。炭酸入りミネラルウォーターも多い。

トイレ

公衆トイレはあまりないため、ホテル、カフェ、レストランなどで済ませるのが無難。 公衆トイレは有料が多く入り口で2~3Knチップを払う。トイレットペーパーは完備している。

インターネット

中高級ホテルは無線LANが完備しているところが多い。カフェやファーストフードなどでも無線LANが普及している。

クレジットカード

クレジットカードは使いやすいが、JCBは観光地の一部の店を除き、使えないところが多い。キャッシングは暗証番号が必要。

交通機関

首都ザグレブのみトラムが運行。それ以外の都市はバスが一般的。

治安

クロアチアは、周辺ヨーロッパ諸国と比較して、治安はかなり安定しているため、安心して観光を楽しめる。ただし、他の国と同様、スリや置き引きには十分注意が必要である。