グルメ

グルメ

クロアチア料理は、内陸部はハンガリーやオーストリアの影響を、アドリア海沿岸はイタリアの影響を受けた料理が多く見られる。また、その支配の歴史から、トルコや中東の影響も垣間見れる。肉料理あり、魚介類あり。様々な食材が、ハーブや塩、オリーブオイルなどで素材の味を生かし、シンプルに味付けられたクロアチアの味は、日本人の味覚にも合い、好評である。訪れる地域毎の名物を、ぜひ堪能したい。

おさえておきたいクロアチア料理・食材

パシュティツァダ(Pašticada)

クロアチア人にも大人気の、ダルマチア地方を代表する、結婚式や祝日など晴れの日に食べられてきた伝統料理。牛肉を、お酢とワインに浸してからじっくりと煮込んだシチューのようなもので、ニョッキ(njoki)や、この地方特有の幅広パスタ、レザンツィ(rezanci)を添えて、煮汁とともにいただく。

ペカ料理(Peka)

ダルマチア地方特有の、魚介類や肉と野菜をを鉄鍋に入れ、蒸し焼きにした料理。特に特産のタコやラム肉、仔牛肉のペカがおすすめ。

ブロデット(Brodet)

主に海沿いの地方の料理。方言により、ブルデット(brudet)、ブルイェト(brujet)とも呼ばれる。アナゴやアンコウ、カサゴなど、数種類の魚介類を塩、コショウ、ニンニク、トマト、パセリなどとともに煮込んだ料理。魚介類を食べなれた日本人の味覚に合う、とても味わい深い料理。 クロアチア南部の、ネレトヴァ川の周辺では、川で捕れるウナギやカエルを、唐辛子などでスパイシーな味付けに煮込まれた、ネレトヴァンスキ・ブルイェト(Neretvanski brujet)が名物。

パシュキ・シール(Paški sir)

パシュキ・シールとは「パグ島の(Paški)チーズ(sir)」という意味で、その名の通りパグ島(Pag)の特産品。世界のチーズの品評会、International Cheese Awardsにおいて、最優秀の金賞を受賞したこともある、パグ島のみならずクロアチアを代表するチーズ。新鮮な羊乳からつくられた濃厚でクリーミーな味わいは、一度食べたら忘れられない味。おみやげにも人気。

サタラシュ(Sataraš)

東部スラヴォニア、特にハンガリーの国境に近いバラニャ(Baranja)地方の野菜料理。玉ねぎ、トマト、パプリカ、そして時にナスやニンジン、ズッキーニなどを加えたりして、塩、コショウ、オレガノ、砂糖などで味付けて作られる。南仏のラタトゥイユに似ている。温製または冷製で、サタラシュのみを、またはお米やジャガイモを添えて食べられている。とてもヘルシーなおすすめ料理。

クーレン / クレノヴァ・セカ(Kulen / Klenova Seka)

東部スラヴォニア名物のサラミ。ちょっとピリ辛の大人の味。地ビールや地ワインとともに味わうのがおすすめ。おみやげにも。

クロアチアのお酒

ビール (Pivo)

各地にブルワリーがあり、様々な風味のビールが楽しめる。銘柄は、カルロバチュコ(Karlovačko)、オジュイスコ(Ožujsko)、パン(Pan)などが有名。 クロアチア語でビールはピーヴォという。

マラスキーノ(Maraschino(Maraskino))

ダルマチア地方の街ザダルは、このチェリーのリキュールで名高い。

ワイン(Vino)

ヨーロッパの中では比較的温暖なクロアチアは、古くからワイン造りが盛んで、各地に多数のワイナリーがある。どの地方にも特産のワインがあるが、特に東部のスラヴォニア地方においては、ワイナリーを巡るツアーなども行われており、人気がある。 クロアチア語でワインはヴィノという。

ラキヤ(Rakija)

ぶどう、梨、スモモなど、様々な果実酒から作られる蒸留酒ラキヤは、素材となったフルーツの風味が楽しめる薫り高いお酒。農村などに行くと、自家製のラキヤがふるまわれることもある。アルコール度数が高いので、飲みすぎにはご注意。